病気にしない飼育環境を確保しよう|犬の健やかな成長を見守る

女性

ペットの体調は管理すべき

医師と犬

昨今、犬を家族同然の存在として、大切に飼っている家庭はたくさんあります。ペットを飼う際、一番気をつけるべきなのは、犬の体調管理です。特に寒さが厳しくなる冬の時期は、犬は伝染性の病気にかかりやすくなります。伝染性の病気の初期は、鼻水、くしゃみ等の症状が多く見られるようになります。そして、さらにひどくなると、鼻から粘着質の分泌物が出るようになります。鼻の穴を塞いで、スムーズな呼吸ができなくなります。伝染性の病気を予防するには、動物病院できちんと予防接種を受ける事が大事です。また、規則正しい生活を送るなど健康管理に配慮する必要もあります。規則正しい生活を送る事で、ウイルスに感染しない強い体を作ることができます。

冬の寒い時期は、犬の抵抗力はとても弱い状態にあります。なので、風邪やインフルエンザ等の伝染性の疾患にかかりやすくなります。病気を防ぐためには、日常生活でいくつか気をつける事が大事です。たとえば、生まれたばかりの子犬は、体に全く免疫がないです。そのため、予防接種を行う前に、病気にかかりやすいといえます。なので、接種するまでは、散歩等で他の犬との接触をなるべく避けると良いです。それと、公園など不特定多数の犬が集まるところも避けた方が良いです。犬が多く集まる場所というのは、いろんなウイルスや細菌が潜んでいるからです。もし犬が集まるペットホテルを利用する際は、ワクチン接種の義務がある所を選ぶ事が大事です。